脇汗や汗ジミ、黄ばみなども解消対策

脇汗をかくと黄ばんでいると悩んでいる方に

TシャツやYシャツ、特に白シャツを着ているとどうしても汗染みができて黄ばんてきてしまっている…

 

その脇に黄ばみが出ているあなたはワキガってわかっていますが?

 

白いシャツやワンピースが映える季節、わき汗による黄ばみに悩む女性は少なくないのではないでしょうか。この黄ばみ、体質だからと諦めていませんか?

 

わき汗が「黄色くなる」原因は、一つではないのです。

 

きちんと対処すれば、明日からあなたも堂々と白い服が着られるかもしれません。

 

なぜTシャツやYシャツに黄ばみができる原因とは

夏になると、Tシャツを着る機会も増えますが、お気に入りのTシャツの脇の下が黄ばんで着られなくなったという経験をもつひとはいます。黄ばみができる原因の1つが脇の下の汗がつくということがあります。

 

 

 

だれでも夏場は汗をかくことがありますが、人の体のエクリン汗腺からでる汗は、わたしたちの皮膚を守ってくれる働きもある汗なので無色無臭の汗です。一方で、皮膚のアポクリン汗腺からでる汗は、脂肪やたんぱく質を含んでいる汗でこの分泌物の中には皮膚の黄ばみ成分が含まれているのです。このアポクリン汗腺の数は人によって違いがあるのですが、この量が多い人は、汗をかくたびに黄ばみができる原因をつくっていることになります。

 

 

 

黄ばみだけでもいやですが、においもしたりするのでとても憂鬱になる人が多いです。まめに洗濯をしたり漂白剤をしようすることで、多少は黄ばみを落とす効果があるのですが、いつも同じ洋服をきていることも黄ばみができる原因になりますから、上手に洋服をローテーションしていくことも必要です。さらにタンパク質や脂質を多く含む食品だけを摂取していてもこの黄ばみができる汗をかく率は高まりますので、野菜を多めにとったり食生活に気を付けていく必要があります。また、女性でしたら、脇汗が目立たないような脇汗パットをつかったり、脇汗用のクリームなどをしようすることによって、脇汗を抑える効果があるので、いろいろと試してみるといいでしょう。ただ、スプレータイプのものは揮発してしまうということと、スプレーの香りと汗の臭いがまざって悪臭にあることがあるので、使用方法には気を付けていったほうがいいのです。黄ばみにならないようにするには、まめに洗濯をすることと、脇汗クリームで洋服にシミをつけないようにするほうがいいのです。

汗が臭くて、気になることがあります。電車の中などすぐに汗を拭くことができないとあせるかもしれません。緊張などでも汗をかくことがあります。暑くなくてもわきの下だけ汗をかくこともあり、人にきづかれないかヒヤヒヤするかもしれません。

 

汗は体温調整のために行う体に備わった優れた機能の一つです。

 

余分な水分を排出してくれる働きもあります。ですから汗をかくことは自然な体の反応です。逆に汗をかかないなら問題です。

 

その場合は検診を受けた方がようかもしれません。

 

それでも汗が臭いのは嫌なことです。

 

では汗が臭い原因にはどのようなものあるのでしょうか。

 

汗そのものは無臭ですが、放置しておくことで雑菌が発生します。その結果不快な臭いへと変化します。ですから汗をかいたなら、ウェットティッシュなどで拭き取るようにしましょう。こまめに拭き取るなら、臭くなることはありません。制汗剤などで汗を抑えることもできます。また汗が臭い原因は衣服にあります。衣服が汗を吸収したことで、雑菌が繁殖し臭くなることがあります。ですから衣服の素材は汗が蒸発しやすいものを着用しましょう。綿は吸収性が高いのですが、水分を蒸発させる働きが弱い素材です。ですから化繊の含まれた素材を選ぶようにしましょう。衣服に柔軟剤を使うことで、汗の臭いをめだたなくすることもできます。また汗が臭い原因として食事も関係しています。肉食や添加物の多い食品を取り入れることで、まれに汗が臭くなることがあります。対策として、野菜や果物などを積極的に取り入れるようにしましょう。加工された食品や添加物は避けるようにします。汗をかきやすい季節は特に気になるかもしれませんが、いくつかの対策を実行するなら、たいてい抑えることができます。